地域の皆様へ

  • HOME
  • > 地域の皆様へ

地域の皆様へ


調剤薬局について

調剤薬局とは、病院や診療所など、医師の診断により出された「処方せん」を基に、薬剤を調剤し、患者さんに適切な薬剤を提供する医療機関です。

この調剤薬局の中でも「処方せん受付け」の看板を出している薬局は、処方箋があれば、どこの病院のものでも調剤ができます。この時「保険調剤薬局」と掲げている薬局だと保険が適用されます。


調剤薬局の利用方法

かかりつけ薬局を持ちましょう
調剤薬局の利用方法

かかりつけの薬局、信頼できる薬局を持つことをオススメしています。かかりつけの薬局は1人1人の体質や薬の薬歴を記録し、

  • 他の医療機関や薬局とのダブリがないか、
  • 薬が患者さんの症状に適切か、
  • 薬を飲み続けて副作用などは発生していないか、
  • 飲み合わせの悪い薬はないかなど総合的に把握しています。

薬に対する事などお気軽にご相談ください。


薬剤師の仕事について

薬剤師とは、薬学専門の大学を卒業し、薬剤師国家試験に合格した人が薬剤師の国家資格免許を得た人のことです。薬剤師は薬の知識はもちろんですが、患者さんとの会話を通じコミュニケーションを図ることで、副作用が発見できたり、その時、その時に合わせた薬の服用のアドバイスをすることができます。

処方せんを基に薬を処方します。

前同時に処方された薬や、現在使っている薬なども考えながら処方します。
問題がある場合は、医師に確認をして変更してもらうこともあります。

患者さんに渡すときに、薬の使い方・薬の情報を伝えます。

お薬に関して分かりにくかったこと、不安なことはお気軽にご相談下さい。
患者さんに一つの不安も残さないことが薬剤師としての努めです!

ブログでも薬に関する情報をお伝えしていますので、こちらもどうぞご覧下さい。

お薬の服用について

お薬の服用について
決められた量と回数をきちんと守ってください。

たくさんあるからと言って、たくさん飲んで症状が軽くなる事はありませんので、決められた量と回数を守ってお薬を飲んでください。

自分の判断で薬をやめないでください。

症状が軽くなったからといって、自分の判断だけで薬を中止せず、必ず医師や薬剤師に相談して下さい。

古い薬は飲まないでください。

前の病気のときの薬が残っているからといって、それを飲むのは危険です。薬には使用期限があります。品質が変化していることがありますので、絶対に飲まないで下さい。

薬を飲んで、体調が悪くなったら、すぐに連絡をください。

薬を使っていて、「おかしいな?」「だいじょうぶかな?」と思うようなことがあったら、軽い症状でも早めにご連絡ください。取り越し苦労でしたら、その方がよいのです。まれに、アレルギーやショック症状など、緊急を要するものもありますので、軽く見ないで、連絡をください。

他の人の薬を飲まないでください。

薬は患者さん一人、一人のその時の症状・体調などに合わせて処方されています。以前の薬が今回の症状にあうとは限りません。また、他の人が同じような症状であるからという理由で、薬のやり取りはしないで下さい。


内服薬の服用法について

食前 食事のおよそ30分前くらいに飲みます。
食後 食事のおよそ30分以内に飲みます。
食間 食事の後2時間ぐらいに飲みます(食事中ではありません)。
寝る前 寝る30分くらい前に飲みます(寝る直前ではありません)。
○時間毎 6時間毎とか8時間毎など、指示された時間毎に飲みます
(食事に関係なく飲みます)。
頓服薬(とんぷくやく) 必要に応じて飲みます
(痛み止めや熱さましなどの、症状を一時的に改善する薬です)。

薬の保管について

お薬は処方した患者さんの病気に対して、その時の症状に合わせて出されています。

残った薬は、必ず処分するようにして下さい。

  • 湿気の多い所や直射日光の当たる所、高温になる所を避けて保管して下さい。
  • カンやビンなどに入れ、引き出しの中で保管されるといいかと思います。
    (薬によっては冷所での保存が必要なものもありますので、指示通りに保管するようにして下さい。)